teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本体のみ失礼します。

 投稿者:石田 大輔  投稿日:2009年10月23日(金)22時39分51秒
返信・引用
  (PL:メールの件、了解しました。すぐにお送り致します^^お相手有難うございました♪お休みなさいませ/礼)  
 

ホテル/室内

 投稿者:菱谷知映  投稿日:2009年10月23日(金)22時37分13秒
返信・引用
  (目の前でぐっすりと眠っている己の愛しい愛しい恋人。其の姿にフッと笑みが浮かんでくる。苦戦しながらも何とか服を着せ、己も服を着ると其の側に横たわり。じっと其の寝顔を暫し眺めつつ、手を伸ばして其の髪に指を絡ませて頭を撫ぜ、目を閉じて眠りに付いた)

(PL:いえいえ、自分も言おうと思っていたので丁度良かったです^^すみません、本日は時間より落ちます;次の返信はあちらで宜しいでしょうか?もし、不便でなかったらもう一度メールでアドレスを送っていただけませんか??本当にすみません;;お相手大感謝でした!/礼
 

ホテル/室内

 投稿者:石田 大輔  投稿日:2009年10月23日(金)22時14分44秒
返信・引用
  (深い眠りに落ちているはずなのに彼が服を着せてくれると擽ったそうに身を捩り、彼の温もりを探すように手がシーツの上を彷徨い)

(PL:行き成りすみません/礼/知映君も眠ったら移動しますか?)
 

ホテル/室内

 投稿者:菱谷知映  投稿日:2009年10月23日(金)22時10分21秒
返信・引用
  ごめんな…、…。
(直ぐに眠りに落ちてしまった彼、ボソリと呟いたのは謝罪の言葉で。疲れているのが伝わってくるから余計に申し訳ない。溜息を零すと、散らばっている服を集め、彼に服を着せていき)
 

ホテル/室内

 投稿者:石田 大輔  投稿日:2009年10月23日(金)22時00分6秒
返信・引用
  …ぅん…、よろしく…。
(頭を撫でられると休息に意識は落ちていき、小さく頷くと全て任せると告げて、矢張り体力の限界だったのだろう。返答をすると直ぐに寝息を立て始め)
 

ホテル/室内

 投稿者:菱谷知映  投稿日:2009年10月23日(金)21時51分32秒
返信・引用
  すげェ無理させちまったし。服着せてやっから、寝ててもいいぜェ。
(負けん気の強さはお互い様らしい。気だるそうな声に寝ても良いと告げて其の頭を撫で。すっかり無理をさせてしまった自覚はある故、後は全部自分がやるからと服を着せると告げてゆっくり休むようにつけたし)
 

ホテル/室内

 投稿者:石田 大輔  投稿日:2009年10月23日(金)21時41分37秒
返信・引用
  頑張るに決まってるだろ。俺だって勝つし。ありがとう。ごめん、なんか横になったら眠くなってきた…。
(それは当然の努力だと、力強く頷いて決意を新たにし。お互いが勝つと言っている間は平行線を辿る一途だと思いつつも負けん気から口にし。だろ?っと言わんばかりに笑みを向け。礼を言って受け取ると肘をついて勢いよく飲み、満足すると蓋をしてベッドヘッドに置き。ふっと気が抜けてくるとまだ何も着てないが睡魔が襲ってくる。横向きになると眠いと気だるそうな声で言い)
 

ホテル/室内

 投稿者:菱谷知映  投稿日:2009年10月23日(金)21時31分20秒
返信・引用
  ハハ、ま、頑張れ。俺、勝つつもりだから。まァ、大当たりだなァ。ほら。
(彼の言葉、明らかに本気と取っていないようでサラリと流して、肩を竦めて見せる。確かに彼は下手ではない。其れは身をもって経験済みで、大口は叩けず。そうして次いだ言葉にはこくりと頷いてそうだと認めると、彼のお願いに頷いてペットボトルを手に取り彼に渡して)
 

ホテル/室内

 投稿者:石田 大輔  投稿日:2009年10月23日(金)21時22分48秒
返信・引用
  あるよ、絶対。俺、下手じゃないもん。本当の事だろ?水、取ってもらって良い?
(無いと言われるとそれは無いと口をへの字に曲げて、不機嫌そうに言い。テクニシャンとまではいかずともそれなりのテクニックはあると彼も体験した事があるだろうから不機嫌そうに顔を背けると言い。確認するまでも無いが視線を真っ直ぐに向けるとあえて問い掛け。先程も水を飲ませてもらったが次は自分で飲もうと手を軽く上げると飲みかけのペットボトルを取ってとお願いし)
 

ホテル/→室内

 投稿者:菱谷知映  投稿日:2009年10月23日(金)21時11分27秒
返信・引用
  次回かァ…、ねェンじゃねェの?お、言うねェ。
(次回と彼の言葉にフッと口元を吊り上げて余裕の笑み。勝負に勝ち続ければ次回なんて来ない。その思いの現れで。そうして次いだ言葉に全く其の通りなので其れしか口にすることが出来ず、何だか読まれている様な気がするなと内心で思い浮べるも、どこか其れも嬉しくて。室内へと向けるとそっと彼をベッドに下ろして)
 

レンタル掲示板
/66