teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2018年の初めに

 投稿者:A.S.K  投稿日:2018年 1月 7日(日)11時35分55秒
返信・引用
  いつものようにこちらのサイトを年の初めの挨拶に利用させていただきます。

サイコロ旅行のすぐ後から仙台や東北方面は降雪でしたね。
関東南部は比較的穏やかな正月という感じでしょうか。

元旦から3日までの実家への帰省、4日の一日出勤、6日の半日出勤と夕方のわんぱくクラブ運営委員会、5日の卓球練習始め等、お天気にも感謝でした。
厳冬かという事前予報(や5日の地震警報、はたまた平和を揺るがしかねない報道)もあり、心して過ごさねばとも思っています。

皆様ともども、まずは健康管理に気をつけて、また楽しく集えますよう。
 
 

12月13日(水)零時台~1時台の流星

 投稿者:A.S.K  投稿日:2017年12月13日(水)12時31分50秒
返信・引用
  サイコロ旅行後の12日(火)、この週の一日勤務があった日。
旅行の時の状況報告でも言及した遅寝遅起き習慣ですが、早寝の習慣に持ち込みたい(なかなか成功しない努力)と、いつものように就寝体制でNHKラジオ深夜便を聴き始めたところ…
ふたご座流星群が見られるという話。

私鉄沿線に住んでいた時、小学生だった娘と高架橋の上で流星観察にトライして、一つも見られなかったという残念な経験があるのですが…
防寒仕様で東側ベランダに佇むこと30分余りで二つの流星を見ました!
初めの5分くらいで一つ見た後、「もう一つ」と粘っていたらそれくらい時間が経っていました。
そしてまた就寝時刻は1時台…

いくつかの情報によると13日(水)の夜からはもっと多く見られそうとのこと。

http://www.cul-spo.or.jp/old_comcen/cosmo/04_guide.htm
『ふたご座流星群は、ほぼ一晩中見られ、見やすい流星群となっています。今年の極大は、14日(木)の午後に予想がでています。よって、13日(水)の夜から14日の明け方が、いちばん多く見えるでしょう。

  13日の夜は、月明かりがなく、月が昇るのは14日の午前3時ころです。また、昇る月は三日月のように細く、月明かりの影響がほとんどありません。このため、流星を観察するには、絶好の条件です。

  実際に見える数は、郊外ですと、1時間あたり30個から50個程度。松山市内では、空が明るくなるので、半分から1/3程度に減少します。
 観察する方向は、真夜中まではおおよそ東の空を見ればいいでしょう。そして、真夜中以降は、南の空を見てください。

  ちなみに、前日の12日(火)の深夜から13日と翌日の14日(木)の深夜もある程度の流星が見られるでしょう。』

夜空が明るいとやはり見える数は減るのですね。
過去のもののようですが、たくさんの流星軌跡が入った図もありました。
http://turupura.com/ryusei/12gemnis/houkou.html
 

人数の多い世代だから?そして時代の流れ?

 投稿者:A.S.K  投稿日:2017年 6月11日(日)17時10分36秒
返信・引用 編集済
  高校同期会の話題の続き…

卒業生450人ほど(入学時で男360人、女90人)の内の70名くらい(男60名弱、女14名)で、お互いのことをあらためて再確認する方たちが多かった半面、間接的な知人関係があったりして多人数の広域性(?)も感じました。

・F井さんと同じ学部学科の教授である方
(川越市の評価会議や審議会の委員という履歴も)
・大学サークルの後輩と同じ会社に勤めていると話しに来てくれた方
(同僚同士で出身校の話をする中で判明したそうです)
・娘が通った小・中・高で、その1年下にお子さんがいたと教えてくれた方
(二十数年前に小学校行事で私のことを見かけながら人違いかもと自信が無かったとか…
そのころ私は高校卒業時よりだいぶ細身
あちらの方は、かつての色白優男風から日焼けした屈強男性風に変貌を遂げていた昨日)
・わんぱくクラブの活動地域近くにお住まいで、やはりNPO活動をしている方

私のことではないですが、長崎在住で遠路はるばる参加した方が他の参加者に「何年か前に五島の港で見かけたと思ったのだけれど」と尋ねたところ、確かに行っていたとのこと!

他には時代の流れそのもので、建築屋さんだった方が認知症ケア施設を立ち上げていたり…
というようなことがありました。
 

九十九里浜

 投稿者:A.S.K  投稿日:2017年 6月11日(日)16時29分43秒
返信・引用
  鯉太郎さんのご苦労話に付記されていたG先生ご自宅直近海岸の話題…東京オリンピックは会場が分散してなかなか大変そうですね。

G先生ご自宅あたりから鯉太郎さん宅までの距離と同じくらいを、さらに鯉太郎さん宅から北上した九十九里浜近くの宿泊スポーツ施設で、仲間数人と合宿練習を年に2回するのがこのところの恒例になっています。

ハマグリに似たホンビノス貝が名物的に出されます。
 

ICUのこと、安房神社のことなど

 投稿者:A.S.K  投稿日:2017年 6月11日(日)08時40分45秒
返信・引用
  もう梅雨に入ったという6月上旬ですが、この数日はいくらか爽やかな感じでしょうか。

こちら[サイコロ新・落書帳]には3月に鯉太郎さんが、ICUでの原一男先生米寿のお祝いの書き込み、[新・サイコロ掲示板]には2月に髭宮さんが安房神社に参拝した写真をアップしていますね。

ICUの正門からの通りは、桜の季節の“ドライブスルー”の名所(福祉施設限定かもしれませんけれど)。
私がパートをしているデイケアでも、あらかじめ許可を得てしていました。
しかし、このところしていないのは警備の関係?
とはいえ、路線バスは乗り入れています。
いくらか前のことではありますが、東八道路の基督教大学裏交差点近くの裏門や、ルーテル大学方面の通用口から出入りして、構内の散策をしたことがあります。
英語研究を趣味にしていた父が、定年後にICU近くに下宿までして一年間聴講生をしていた縁もあり、晩年に上京した際に訪ねたものです(既に認知症を発症していた時で、再訪の感動は見せませんでした…)。


私の故郷方面の安房神社ですが、駅に比較的近い実家からはずいぶん遠くの半島先端方面て、行ったことがあるかないか…記憶定かでない幼少の頃にはどうだったか…。
髭宮さんがアップした写真でも判りますが、近隣で一番の由緒ある神社でしょう。
駅方面の八幡神社の祭礼には、安房神社の神輿がお出ましになります。


昨10日(土)に東京駅近くで二十年ぶりくらいの高校同期会があり、450名ほどの内の70名が集まりました。
卒業アルバムを見ながら、安房神社の神主さんが同期生という話が出ました!
多数の中学校域から通学していたので、中学校が違って高校3年間でもクラスが一緒にならないと知らないままの方々がいるものです…。
ちなみに中学校も12クラスまであり2つの小学校域から通学していたので、中学校が同じでも同様…。
いわゆる団塊の世代ではありませんが、その少し下の私たちであることを実感しました。
 

原一男先生を覚えていますか

 投稿者:鯉太郎  投稿日:2017年 3月 5日(日)08時05分15秒
返信・引用
  国際基督教大学から非常勤で来られていた方です。私は縁があって教育学部の非常勤助手を勤め、原先生には非常にお世話になった。昨日米寿の祝いがあり参加しました。30年ぶりのICUは非常にきれいになっていて、皇族をお迎えするにふさわしい大学になってました。特別予算でも出たのかしら。かつて樹木が非常に多い大学でしたが、適切に間伐されて非常に良い具合に雰囲気を醸し出しておりました。あそこの大学院には、千葉の先輩のあのひと、顔と話し方を思い出せるのですが、名前が出てこない。新左翼の活動家のあの方がいたんですよね。  

釣ケ崎海岸

 投稿者:鯉太郎  投稿日:2017年 1月29日(日)22時45分5秒
返信・引用 編集済
  昨日今日と昨年の冬に切り倒した竹を燃やしています。グーグルアースで見ていただくとわかるのですが、竹が生えたまま放置したところ、20mちかく伸びた竹もあって酷いことになりました。自分で切るのはあきらめて、人に頼んで、かつまた私も土日は手伝って、昨年の冬1週間かかりました。タケノコレベルで切り倒せば良いのですが、5月6月は菜園で忙しく、仕事だってあるしで、どうしても手が入らない。それにこの時期は虫が出ますし、手入れが嫌なのです。屋敷森で囲われているというのは、維持に手間暇がかかります。マンション住まいなら、ボランティア活動や研究に勤しむことも出来ただろうに、かくして年老いたのです。まあ土地を購入していない分、老後資金に困らない程度には貯まりました。自尊感情は、これで良いのだでも、高まるとか。

ところで2020年オリンピックでサーフィン会場になる釣ケ崎海岸はG先生のご自宅の直近です。
 

2017年ご挨拶

 投稿者:A.S.K  投稿日:2017年 1月 4日(水)12時51分33秒
返信・引用
  例年同様、サイコロの方々への年頭挨拶にこのサイトを利用させていただきます。

12月の三島・網代のサイコロ旅の余韻冷めやらぬ正月ですが、皆様には変わりなくお過ごしでしょうか。

私は元日に同居息子(36)と連れ合いとで屠蘇・雑煮などを済ませてから実家二泊へと向かい、昨日三日に戻って来ました。

昨年もご紹介しましたが、スーパーに(出店している精肉店の「名ばかり」的店長となり、かつ職住近接で相も変わらず)夜討ち朝駆け状態、正月休みは一日だけの息子ですが、さいわい五日がまた休みだそうで祖母に久しぶりに会いに行くやの計画を口にしています。

私の報告-祖母の記憶が短絡してか(記憶の短絡は私たちでもまま有ることですが…)30年前に亡くなっている連れ合い両親の消息を尋ねられたことなど-を聞いて心配したらしい、祖母思いの息子ではあります。
実際、保育園時代から学生時代まで、長期休み他に祖母には大変世話になっていて、母である私より祖母のことを好ましく思っているはず…。

これもご紹介済みですが、大忙しの建築業界で孫請け的仕事に東奔西走(それくらいでないと暮らしが心配、父親への借金返済も心配!)の独居娘(33)は仙台への出張が12月いっぱいから1月いっぱいに延長。

仙台は年末のサイコロ旅行の予定地となりましたが、変貌をし続けているのでしょうか…
(列車乗り継ぎだけでなくて訪れたのは、学生時代の一度きりだったような…)

健康に気を付けて、たくさんの皆様とご一緒できることを楽しみにしています。
 

賑やかしに・・・木山裕策コンサート

 投稿者:A.S.K  投稿日:2016年10月22日(土)19時16分5秒
返信・引用
  2016年12月11日(日)でサイコロ旅行と重なりますが、お知り合いなどにファンがいらしたら宣伝ヨロシク!  

2016年の桜(3)

 投稿者:A.S.K  投稿日:2016年 4月 5日(火)01時44分14秒
返信・引用
  認知症ケア専門士の資格更新単位になる講演会が虎ノ門であるので、土曜の午後に出向きました。
700人超の会場に事前申込が少なかったらしく、300人当日参加が可能という案内ハガキに誘われた次第。
受付開始15分後(開演30分前)くらいに到着したら、今までにない行列状態。
列がちょっと進んだと思ったら、係の人が大きな声で「当日受付の300人に達してしまいましたのでもう入れません!」。
ハガキにその旨の断り書きは記されていたのですが、「仕事を休んで…」、「遠くから…」等々、抗議の声が上がり、係の人は頭を下げるばかり。

私は資格更新までまだ1年あることだし、断り書きの事態が珍しく起きてしまったんだと諦めて帰路に着きました。
ところで、2~3年前に来た時とは周辺の道路が大きく変わっているのには驚きました。
(30年ちょっと前に娘を出産した病院のあたりでもあり、その時からの変化も感慨深いですが。)

急に空いた時間の使い方で思いついたのが、電車を途中下車しての前住地付近の“センチメンタルジャーニー”。
その途中で神田川沿いの桜を久し振りに愛でました。
川沿いの歩道が一旦途切れるあたりでは“撮り鉄ちゃん”の真似をして、やや白い大島桜(?)と赤目モチの垣根越しに、通りかかる電車の水色の先頭を捉えてみました。
 

レンタル掲示板
/13