teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:41/126 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

両建ての注意点(返答)

 投稿者:pppptech  投稿日:2020年 9月 9日(水)12時19分27秒
  通報 返信・引用 編集済
  遊さん

おはようございます。
気にされずいつでも質問してください。

両建ては好きではない方も多いようです。
しばらく前に違う掲示板で両建ての事を書いたら、かなり否定と批判を受けました。

私の考えは、
投資で勝ち抜いていくには、使える道具(武器)はすべて使うということ。
その為には、それぞれの道具の特徴をいかして使いこなす知識と経験が必要になります。

苦手意識から、経験を積まずに諦めてしまう人が多い。そうならないように少しずつ経験を積んで慣れていきましょう。

「買い」や「売り」が槍や剣だとしたら、「両建て」は楯。
楯だけでなく槍と剣も備えた進化型の武器といった感じです。


注意点としては(※買い方さんが売りを組み込む場合)

●徐々に組み立てていくこと
さらに上昇を狙いたいが少し先行きに不安がある場合、「買い10」に対し、「売り3や4」から徐々に両建てを始めること。
もともとは上昇を狙っていたということは、色んな銘柄が上昇し高値を更新するなどしている状態のはず。

その状態で安易に空売りを増やすと、踏みあげられ一気に損失が膨らむ場合があります。
頂点で簡単に空売りできるわけではないので、相場や個別銘柄の動きを見ながら、少しずつ「買い10」対「売り10」まで持って行きましょう。(一部ヘッジするなら10:5などでもよい)

その場合もトータルして投資資金の半分以下になるように。ポジションサイジングは気を付けて下さい。
大きく動き出した時に、追加売りや追加買いが出来るように余裕を残しておくことが大事です。

●資金量に合わせて銘柄を増やす
銘柄を増やすのはリスク分散する意味と、両建てをしつつ利益を追う意味合いの2つあります。
少ない銘柄に集中した場合、買いでも売りでも両建てでもリスクは高くなります。

銘柄を増やすことでリスクを分散させる。

空売りの銘柄についても、どの銘柄から下がり始めるかは分からないので、いくつのか銘柄に分けておく必要がります。
思った通り下がってきたら利益確定し、次の銘柄へと入れ替えます。


●両建てによる攻め
楯だけでなく槍や剣も備えた道具と書きましたが、
割安銘柄を買い、上がり過ぎた銘柄を売ることで、相場が上昇しても利益、相場が下落しても利益となる槍や剣の効果を狙っています。
また大きく相場が変化した時には、楯としての安心感もあります。


両建ての中にも、利益を稼ぎ出すための努力が大事です。
「買い」「売り」「両建て」どの場合でも、銘柄選びはとても大事なので、たくさんの銘柄を監視し勝率を高める努力をして下さい。

私は常に100銘柄以上の監視をしています。(その内保有しているのは平均30~50銘柄くらい。←資金量に応じて保有数は変えて下さい)


●最後まで両建てをやりきること
多くの人は、まわりの強気や弱気の意見に惑わされ、信念を貫くことが出来ない人が多いです。
ポジションを傾けたとたん相場が動きだし、失敗するケースが多い。

やると決めたら、一定の利益を稼ぎ出すか、予想した値動きがあるまではやり切ることが大事です。

途中で空売りを利食いしてバランスが崩れた場合も、出来るだけ早期にバランスを戻す努力をして下さい。

上手く対応できるようになれば、リスクを抑えて上にも下にも利益を出せるようになるかもしれません。

 
 
》記事一覧表示

新着順:41/126 《前のページ | 次のページ》
/126